『ドッグ・メーカー: 警視庁人事一課監察係 黒滝誠治 (新潮文庫)』がAmazonのミステリーで10位を獲得!(2022年5月12日16時)

2022年5月12日16時時点のAmazonのミステリーのミステリー・サスペンスの新着人気ランキングで、
ドッグ・メーカー: 警視庁人事一課監察係 黒滝誠治 (新潮文庫)』がランキングで10位を獲得しました!

内容紹介

警視庁43000名が恐れる男
黒滝警部補、登場。

この三人から目が離せない!

黒滝誠治(警部補) 事件関係者の首に縄をつけ情報収集を行わせるという強引な手法から、ドッグ・メーカーと呼ばれる男。

公安、組対にあって、数々の功績を挙げたものの、ある事件のために交番に左遷。

その特異な能力を警視庁の綱紀粛正に活かそうと、周囲の猛反対を押し切り、相馬美貴に監察係として抜擢された。

相馬美貴(警視) モデルなみの美貌からは一見想像しにくいが、組織の論理に丸め込まれず、正義をひたすらに追い求める火の玉のような魂を有する“烈女”。

数少ない女性キャリアにして、黒滝の上司。

白幡一登(警務部長) 盛り場やゴルフ場に出没し、「軽薄な遊び人」と周囲に思わせているものの、その内実は野心家にして、豊かな人脈を持つ、類まれな“寝業師”。

黒滝、美貴の真の味方かどうかは不明。

非合法な手段を辞さず、数々の事件を解決してきた元凄腕刑事、黒滝誠治。

彼は現在、人事一課に所属している。

ひと月前、赤坂署の悪徳刑事・田所稔を内偵中の同僚・日下祐二が自宅近くで何者かに刺殺された。

黒滝は、希代の “寝業師”白幡警務部長、美しくも苛烈なキャリア相馬美貴の命を受け、捜査を開始する。

その行く手は修羅道へと繋がっていた――。

猛毒を以て巨悪を倒す。

最も危険な監察が警察小説の新たな扉を開く。

大人気作品を、この機会にに観てみよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました