【もう迷わない】最近公開映画の総合おすすめレビュースコアランキング!(TOP25)2021-10-16(土)版

このページは過去日付のバックアップページです。最新版ページはこちら

直近3週間以内に劇場公開された映画について、有名映画レビュー3サイト を独自に集計した総合レビュースコアランキングです。

「結局どの作品が一番評価いいの?」ともう迷わないで済みます!

あなたにとって最高の映画を見つけることができる手助けなりますように!

ランキングの見方

  • サイトによって評価のバラツキが大きい場合は、【評価ブレ大】と表示しています。
  • コアファン向け作品やジャンルものは順位が高くなる傾向にあるため、ビジュアルや解説などから好みに合う作品を見つけてください!
  • トップランクに入らなかった公開1週間以内の作品のスコアも表の下に掲載しています。
順位 スコア タイトル
1位 13.9
(評価ブレ小)

4.7
4.2
5.0
『fOUL』(2021-09-24公開)
1994年に結成され、2005年に活動休止を表明したロックバンド「fOUL」のドキュメンタリー(つづき
2位 13.5
(評価ブレ小)

4.2
4.6
4.7
『劇場版オトッペ パパ・ドント・クライ』(2021-10-15公開)
独特な楽曲やダンスが人気のアニメ「オトッペ」の初の劇場版となるミュージカル(つづき
3位 12.9
(評価ブレ小)

4.4
4.2
4.3
『劇場上映版 エリック・クラプトン ロックダウン・セッションズ』(2021-10-08公開)
ミュージシャンのエリック・クラプトンが、仲間たちと行った無観客のアコースティックライブの模様を収録した音楽ドキュメンタリー(つづき
4位 12.7
(評価ブレ小)

4.2
4.0
4.5
『ルパン三世 カリオストロの城』(2021-10-01公開)
宮崎駿が初めて劇場用作品の監督を手がけた「ルパン三世」第2弾(つづき
5位 12.7
(評価ブレ小)

4.4
4.0
4.3
『劇場版マクロスΔ 絶対LIVE!!!!!!』(2021-10-08公開)
アニメシリーズ『マクロスΔ』に登場する戦術音楽ユニット「ワルキューレ」の停戦記念ライブを描く劇場版(つづき
6位 12.6
(評価ブレ大)

4.0
3.6
5.0
『THE MOLE(ザ・モール)』(2021-10-15公開)
デンマークの一般市民がスパイとなり、北朝鮮の武器密輸の実態を暴いたドキュメンタリー(つづき
7位 12.5
(評価ブレ小)

3.9
4.4
4.2
『オアシス ネブワース1996』(2021-09-23公開)
1996年8月にイギリス・ネブワースで行われた、オアシスの野外ライブを追った音楽ドキュメンタリー(つづき
8位 12.4
(評価ブレ小)

4.0
4.0
4.4
『プリンセス・プリンシパル Crown Handler 第2章』(2021-09-23公開)
19世紀、東西に分断された架空の都市ロンドンを舞台に5人の女子高生スパイの暗躍を描いたアニメの劇場版全6章の第2弾(つづき
9位 12.4
(評価ブレ小)

4.1
4.1
4.2
『空白』(2021-09-23公開)
古田新太と松坂桃李が共演を果たしたヒューマンドラマ(つづき
10位 12.3
(評価ブレ小)

4.0
4.0
4.3
『MINAMATA ミナマタ』(2021-09-23公開)
日本における水俣病の惨事を世界に伝えたアメリカの写真家、ユージン・スミス氏の日本での取材を描くヒューマンドラマ(つづき
11位 12.2
(評価ブレ小)

4.1
3.9
4.2
『宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち 前章 TAKE OFF』(2021-10-08公開)
1979年に放送された「宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち」をモチーフにした劇場版アニメーション(つづき
12位 12.1
(評価ブレ小)

4.1
4.0
4.0
『友だちのうちはどこ?』(2021-10-16公開)
友だちの大切なノートを間違えて持ち帰ってしまった少年が、ノートを返すため友だちの家を探し歩く姿を生き生きと活写し、アッバス・キアロスタミ監督の名を世界に知らしめたイラン映画(つづき
13位 12.1
(評価ブレ小)

3.7
3.9
4.5
『欲しがり奈々ちゃん ひとくち、ちょうだい』(2021-10-02公開)
解説なし(つづき
14位 12.0
(評価ブレ小)

3.9
4.1
4.0
『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』(2021-10-01公開)
イギリスの敏腕諜報(ちょうほう)員ジェームズ・ボンドの活躍を描く人気シリーズの第25弾(つづき
15位 12.0
(評価ブレ小)

4.2
4.0
3.8
『コレクティブ 国家の嘘』(2021-10-02公開)
ルーマニアの医療汚職事件に迫るドキュメンタリー(つづき
16位 12.0
(評価ブレ小)

4.1
3.9
4.0
『最強殺し屋伝説国岡 完全版』(2021-10-08公開)
『ベイビーわるきゅーれ』などの阪元裕吾監督が、殺し屋の男を描いたドキュメンタリーテイストのアクション(つづき
17位 12.0
(評価ブレ小)

3.8
3.9
4.3
『クーリエ 最高機密の運び屋』(2021-09-23公開)
『エジソンズ・ゲーム』などのベネディクト・カンバーバッチ主演によるサスペンス(つづき
18位 11.9
(評価ブレ小)

4.0
4.0
3.9
『サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ』(2021-10-01公開)
[配信作品]突然聴力を失い始めたヘビーメタルバンドのドラマーの葛藤を描くヒューマンドラマ(つづき
19位 11.9
(評価ブレ小)

3.9
4.0
4.0
『最後の決闘裁判』(2021-10-15公開)
エリック・ジェイガーによる「最後の決闘裁判」を原作に描くミステリー(つづき
20位 11.9
(評価ブレ大)

3.7
3.7
4.5
『ウィーン国立歌劇場2020 in CINEMA トスカ』(2021-10-01公開)
オーストリアのウィーン国立歌劇場で2020年12月に上演されたプッチーニ作曲のオペラを映像化(つづき
21位 11.8
(評価ブレ小)

4.1
3.8
3.9
『自由を我等に』(2021-10-15公開)
フランスの巨匠ルネ・クレールが、貧富の差が広がる社会への批判や機械化への社会風刺を込めながら、男たちの友情と恋を描いた作品(つづき
22位 11.8
(評価ブレ小)

3.9
4.0
3.9
『ONODA 一万夜を越えて』(2021-10-08公開)
実在の旧日本軍兵士・小野田寛郎氏を題材にしたドラマ(つづき
23位 11.7
(評価ブレ小)

4.0
3.8
3.9
『光を追いかけて』(2021-10-01公開)
過疎化が進む秋田の田舎町を舞台に、思春期の少年少女の揺れる心情を描いた青春ドラマ(つづき
24位 11.7
(評価ブレ小)

3.9
3.9
3.9
『護られなかった者たちへ』(2021-10-01公開)
解説なし(つづき
25位 11.7
(評価ブレ小)

3.7
3.6
4.4
『劇場版 ルパンの娘』(2021-10-15公開)
深田恭子と瀬戸康史が演じる、泥棒一家の娘と警察一家の息子の禁断の恋をコミカルに描いたドラマシリーズの劇場版(つづき
順位外の1週間以内公開作品
-位 11.6
(評価ブレ小)

3.8
4.0
3.8
『そして人生はつづく』(2021-10-16公開)
イランの名匠アッバス・キアロスタミによる「ジグザグ道3部作」の第2作で、1990年のイラン大地震後、前作「友だちのうちはどこ?」の出演者たちの安否を確認しようと被災地へ向かう監督親子の旅を再現したロードムービー(つづき
順位外の1週間以内公開作品
-位 11.5
(評価ブレ小)

4.0
3.5
4.0
『巴里祭』(2021-10-15公開)
名匠ルネ・クレールが、7月14日の革命記念日を控えたパリの下町を舞台に、花売り娘アンナとタクシーの運転手ジャンの交流を軽やかに描いた人情喜劇の名編(つづき
順位外の1週間以内公開作品
-位 11.4
(評価ブレ小)

3.5
3.8
4.1
『Our Friend アワー・フレンド』(2021-10-15公開)
「エスクァイア」誌に掲載されたマシュー・ティーグの実体験に基づくエッセーを映画化(つづき
順位外の1週間以内公開作品
-位 11.3
(評価ブレ小)

3.9
3.8
3.6
『かそけきサンカヨウ』(2021-10-15公開)
『ふがいない僕は空を見た』の原作などで知られる窪美澄の短編集「水やりはいつも深夜だけど」所収の一編を、『街の上で』などの今泉力哉監督が映画化(つづき
順位外の1週間以内公開作品
-位 11.2
(評価ブレ小)

3.7
4.0
3.5
『DUNE デューン 砂の惑星』(2021-10-15公開)
『スター・ウォーズ』シリーズなど数多くのSF作品に影響を与えたというフランク・ハーバートの小説を、『ブレードランナー 2049』などのドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が映画化(つづき
順位外の1週間以内公開作品
-位 11.1
(評価ブレ小)

4.0
3.8
3.3
『ル・ミリオン』(2021-10-15公開)
フランスの名匠ルネ・クレールが「巴里の屋根の下」に続いて撮りあげたトーキー第2作で、宝くじの当たり券を巡って繰り広げられる大騒動を描いたミュージカル喜劇(つづき
順位外の1週間以内公開作品
-位 10.8
(評価ブレ大)

2.8
3.7
4.3
『ジャズ・ロフト』(2021-10-15公開)
写真家のユージン・スミスが1950年代から1960年代にかけて、ジャズ・ミュージシャンの私的なジャムセッションを撮影した記録についてのドキュメンタリー(つづき
順位外の1週間以内公開作品
-位 10.6
(評価ブレ小)

3.2
3.8
3.6
『燃えよ剣』(2021-10-15公開)
司馬遼太郎のベストセラー小説を原作にした時代劇(つづき
順位外の1週間以内公開作品
-位 10.5
(評価ブレ小)

3.5
3.7
3.3
『ホームワーク』(2021-10-16公開)
「友だちのうちはどこ?」で世界的に高く評価されたイランのアッバス・キアロスタミ監督が、宿題と学校教育をテーマに撮りあげたドキュメンタリー(つづき
順位外の1週間以内公開作品
-位 10.4
(評価ブレ小)

3.2
3.7
3.5
『マーティン 呪われた吸血少年』(2021-10-15公開)
『サバイバル・オブ・ザ・デッド』などのジョージ・A・ロメロ監督によるホラー(つづき
順位外の1週間以内公開作品
-位 10.1
(評価ブレ大)

4.0
3.4
2.7
『クライモリ』(2021-10-15公開)
2003年に公開され、シリーズ化されたホラー『クライモリ』のリブート版(つづき
順位外の1週間以内公開作品
-位 10.0
(評価ブレ小)

3.2
3.6
3.2
『巴里の屋根の下』(2021-10-15公開)
フランスの名匠ルネ・クレールが初めて手がけたトーキー作品で、パリの下町で若者たちが織りなす恋の行方を描いたロマンティックコメディ(つづき
順位外の1週間以内公開作品
-位 9.1
(評価ブレ小)

3.1
3.4
2.6
『キャンディマン』(2021-10-15公開)
作家クライヴ・バーカーの小説「禁じられた場所」を原作とするカルトホラーを、『ゲット・アウト』『アス』などのジョーダン・ピール製作・脚本により新たに映画化(つづき
順位外の1週間以内公開作品
-位 9.1
(評価ブレ小)

2.8
3.3
3.0
『ザ・クレイジーズ』(2021-10-15公開)
軍が極秘に開発した細菌兵器を積んだ輸送機が墜落、感染した人間は次々と発狂し平和な田舎町はパニックに(つづき
順位外の1週間以内公開作品
-位 9.0
(評価ブレ大)

2.0
3.3
3.7
『ビースト』(2021-10-15公開)
かつての相棒だった二人の刑事の運命を描くクライムサスペンス(つづき
順位外の1週間以内公開作品
-位 8.6
(評価ブレ大)

4.5
4.1
0.0
『パリのアメリカ人』(2021-10-15公開)
アカデミー賞で作品賞など6部門を受賞した映画『巴里のアメリカ人』を原案に舞台化し、トニー賞振付賞などを受賞したミュージカルの劇場版(つづき
順位外の1週間以内公開作品
-位 8.1
(評価ブレ大)

4.2
3.9
0.0
『オリーブの林をぬけて』(2021-10-16公開)
イランの名匠アッバス・キアロスタミの「友だちのうちはどこ?」に始まる「ジグザグ道3部作」の完結編(つづき
順位外の1週間以内公開作品
-位 7.8
(評価ブレ大)

4.1
3.7
0.0
『プリテンダーズ』(2021-10-16公開)
「パーク アンド ラブホテル」の熊坂出監督が、SNSを武器に社会を変えようと奮闘する女子高生の姿を、痛快かつハートフルに描いたオリジナル作品(つづき

コメント

タイトルとURLをコピーしました