『ALL TIME BEST LIVE』がAmazonのDVDで22位を獲得!(2022年6月5日16時)

2022年6月5日16時時点のAmazonのDVDのDVD・ブルーレイの新着売れ筋ランキングで、
ALL TIME BEST LIVE[DVD]』がランキングで22位を獲得しました!

内容紹介

内容紹介

50年間 俺にはステージしかないのかといつも思ってた・・。

人生をかけてきたステージの数々を今、送ります。

矢沢永吉デビュー50周年の集大成として、ライヴ映像50ステージを厳選。

矢沢自らリミックス、リマスターを全監修した、まさにALL TIME BESTと言っても過言ではない、音も映像も生まれ変わったライヴ集。

さらにそれに加えて、2021年に行われた全国ツアー「I’m back!!

~ROCKは止まらない~」横浜アリーナ公演の商品化リクエストが多数あり、
収録カメラが入っていない公演だったが、急遽ライヴビジョンカメラの映像などを加え編集し、ダイジェスト版をプレゼントすることが決定!

50周年を記念したライヴベスト盤3枚組は、日本のロックの歴史を作った男の姿がまさに凝縮され、メモリアル作品がここに仕上がった。

●収録内容
【Disc1】
M1_鎖を引きちぎれ(Rock’n Roll Army ’90 BUDOKAN(1990年 日本武道館)):山川啓介/矢沢永吉
M2_あ・い・つ(STAND UP ’89 DOME(1989年 東京ドーム)):西岡恭蔵/矢沢永吉
M3_長い黒髪(Anytime Woman(1992年 日本武道館)):松本 隆/矢沢永吉
M4_ROCK ME TONIGHT(Rock’n Roll Army ’90 BUDOKAN(1990年 日本武道館)):ちあき哲也/矢沢永吉
M5_PURE GOLD(40th ANNIVERSARY LIVE「BLUE SKY」(2012年 日産スタジアム)):売野雅勇/矢沢永吉
M6_ROCKIN’ MY HEART(Rock’n Roll Army ’90 BUDOKAN(1990年 日本武道館)):John McFee/矢沢永吉
M7_苦い涙(STAND UP ’89 DOME(1989年 東京ドーム)):山川啓介/矢沢永吉
M8_レイニー・ウェイ(1991 Big Beat STADIUM(1991年 横浜スタジアム)):相沢行夫/矢沢永吉
M9_So Long(Rock’n Roll Army ’90 BUDOKAN(1990年 日本武道館)):西岡恭蔵/矢沢永吉
M10_ニューグランドホテル(Rock Opera2(2006年 日本武道館)):大津あきら/矢沢永吉
M11_GET UP(Rock’n Roll Army ’90 BUDOKAN(1990年 日本武道館)):ちあき哲也/矢沢永吉
M12_キャロル(1991 Big Beat STADIUM(1991年 横浜スタジアム)):相沢行夫/矢沢永吉
M13_Rolling Night(JUST TONIGHT 1995(1995年 横浜スタジアム)):西岡恭蔵/矢沢永吉
M14_カサノバと囁いて(Rock’n Roll Army ’90(1990年 日本武道館)):大津あきら/矢沢永吉
M15_心花 (ときめき)よ(STAY ROCK 69TH ANNIVERSARY TOUR(2018年東京ドーム)):大津あきら/矢沢永吉
M16_棕櫚の影に(E’ LIVE(1984年 大阪城ホール)):西岡恭蔵/矢沢永吉
M17_SOMEBODY`S NIGHT(40th ANNIVERSARY LIVE「BLUE SKY」(2012年 日産スタジアム)):売野雅勇/矢沢永吉

【Disc2】
M1_世話がやけるぜ(1991 Big Beat STADIUM(1991年 横浜スタジアム)):木原敏雄/矢沢永吉
M2_東京(Come On!

(1993年 日本武道館)):松井五郎/矢沢永吉
M3_バイ・バイ・サンキュー・ガール(Come On!

(1993年 日本武道館)):木原敏雄/矢沢永吉
M4_さめた肌(JUST TONIGHT 1995(1995年横浜スタジアム)):木原敏雄/矢沢永吉
M5_親友(1991 Big Beat STADIUM(1991年 横浜スタジアム)):山川啓介/矢沢永吉
M6_MARIA(40th ANNIVERSARY LIVE「BLUE SKY」(2012年 日産スタジアム)):高橋 研/矢沢永吉
M7_アイ・ラブ・ユー,OK(TONIGHT THE NIGHT!

~ありがとうが爆発する夜~(1999年 横浜国際競技場)):相沢行夫/矢沢永吉
M8_YOU(STAND UP ’89 DOME(1989年 東京ドーム)):ちあき哲也/矢沢永吉
M9_向日葵(THE DAY(2002年 東京スタジアム)):ちあき哲也/矢沢永吉
M10_安物の時計(ROCK’N’ROLL IN TOKYO DOME(2009年 東京ドーム)):松本 隆/矢沢永吉
M11_FLESH AND BLOOD(STAND UP ’89 DOME(1989年 東京ドーム)):売野雅勇/矢沢永吉
M12_チャイナタウン(40th ANNIVERSARY LIVE「BLUE SKY」(2012年 日産スタジアム)):山川啓介/矢沢永吉
M13_YES MY LOVE(40th ANNIVERSARY LIVE「BLUE SKY」(2012年 日産スタジアム)):ちあき哲也/矢沢永吉
M14_抱いちまったら(YES,E(1997年 日本武道館)):秋元 康/矢沢永吉
M15_苦い雨(Rock’n Roll Army ’90 BUDOKAN(1990年 日本武道館)):西岡恭蔵/矢沢永吉
M16_Tonight I Remember(STOP YOUR STEP(2000年 日本武道館)):Narada Michael Walden/矢沢永吉
M17_IT’S UP TO YOU!

(40th ANNIVERSARY LIVE「BLUE SKY」(2012年 日産スタジアム)):馬渕太成/矢沢永吉

【Disc3】
M1_哀しみの彼方へ(Rock’n Roll Army ’90 BUDOKAN(1990年 日本武道館)):売野雅勇/矢沢永吉
M2_黒く塗りつぶせ(STOP YOUR STEP(2000年 日本武道館)):西岡恭蔵/矢沢永吉
M3_ワン・ナイト・ショー(ROCK IN DOME(2015年 東京ドーム)):糸井重里/矢沢永吉
M4_バーボン人生(The Real Eikichi Yazawa 100times in Budokan(2007年 日本武道館)):西岡恭蔵/矢沢永吉
M5_A DAY(THE DAY(2002年 東京スタジアム)):西岡恭蔵/矢沢永吉
M6_共犯者(It’s Only YAZAWA 1988 in TOKYO DOME(1988年 東京ドーム)):大津あきら/矢沢永吉
M7_BIG BEAT(ROCK IN DOME(2015年 東京ドーム)):ちあき哲也/矢沢永吉
M8_ひき潮(Rock Opera2(2006年 日本武道館)):山川啓介/矢沢永吉
M9_もうひとりの俺(WILD HEART (1996年 日本武道館)):青山 一/矢沢永吉
M10_サブウェイ特急(THE DAY(2002年 東京スタジアム)):松本 隆/矢沢永吉
M11_恋の列車はリバプール発(TRAVELING BUS 2017 (2017年 日本武道館)):相沢行夫/矢沢永吉
M12_HEY YOU…(STILL ROCKIN’ 〜走り抜けて・・・

〜 (2011年 日本武道館)):Ginger/矢沢永吉
M13_アリよさらば(The name is YAZAWA (1994 日本武道館)):秋元 康/矢沢永吉
M14_逃亡者(THE DAY(2002年 東京スタジアム)):西岡恭蔵/矢沢永吉
M15_止まらないHa〜Ha(TONIGHT THE NIGHT!

~ありがとうが爆発する夜~(1999年 横浜国際競技場)):ちあき哲也/矢沢永吉
M16_トラベリン・バス(THE DAY(2002年 東京スタジアム)):西岡恭蔵/矢沢永吉

【特典Disc】 2021 I’m back!!

~ROCKは止まらない~ IN YOKOHAMA ARENA
OPENING
M1_ラストシーン:大津あきら/矢沢永吉
M2_長い黒髪:松本 隆/矢沢永吉
M3_背中ごしのI LOVE YOU:高橋 研/矢沢永吉
M4_(メドレー)最後の恋人〜やりきれない気持ち:大倉洋一/矢沢永吉
M5_愛しているなら:いしわたり淳治/矢沢永吉
M6_恋の列車はリバプール発:相沢行夫/矢沢永吉
M7_TOKYO ZOO:高橋 研/矢沢永吉
M8_だから、抱いてくれ:高橋 研/矢沢永吉
M9_PURE GOLD:売野雅勇/矢沢永吉
CLOSING

内容(「Oricon」データベースより)
矢沢永吉デビュー50周年の集大成として、自らリミックス、リマスターを全監修したライヴ映像50ステージを収録した作品。

特典映像として、2021年に行われた全国ツアー「I’mback!!

~ROCK は止まらない~」より、横浜アリーナ公演のダイジェスト版も収録。

大人気作品を、この機会にに観てみよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました