『闇に咲く おいち不思議がたり (PHP文芸文庫)』がAmazonのミステリーで20位を獲得!(2023年4月23日9時)

2023年4月23日9時時点のAmazonのミステリーのミステリー・サスペンスの新着人気ランキングで、
闇に咲く おいち不思議がたり (PHP文芸文庫)』がランキングで20位を獲得しました!

内容紹介

「あそこには、人を喰らう鬼がいるんです」

江戸深川界隈で立て続けに起きた夜鷹殺しに怯える女の、悲痛な叫びがこだまする。

そんななか、この世に思いを残した人の姿が見えるおいちの前に、血の臭いをまとった男が現われる。

商家の若旦那だというこの男は、亡き姉の影に怯えていた。

おいちに助けを求めてきた男は、事件に関係しているのか、それとも――。

腹を裂くという猟奇的な手口に衝撃を受けたおいちは、岡っ引の仙五朗と力をあわせ、ある行動に出るのだが……。

父・松庵のような医者になりたいという思いを胸に秘め、18歳になったおいちは、事件の糸口を見つけ、解決することができるのか。

生き方に悩みながらも、強く生きたいと願う女性を描いて人気の青春「時代」ミステリーシリーズ第三弾!

【主人公・家族】
おいち……藍野松庵の娘で、父のような医者を目指して修業中。

この世に思いを残して亡くなった人の姿が見えるという不思議な能力を持つ。

藍野松庵……おいちの父。

長崎帰りの蘭方医として名を馳せていたが、今は一介の町医者として貧しい人々の診療にあたっている。

【おいちの育ての親】
藤兵衛……八名川町の紙問屋『香西屋』の主。

おうた……おいちの伯母。

『香西屋』の内儀。

おいちのことを誰よりも愛しんでいる。

【おいちの周りの人々】
お里……おいちの母。

おいちが五歳のときに病で亡くなる。

仙五朗……本所深川界隈を仕切る凄腕の岡っ引で、“剃刀の仙”の異名をとる。

新吉……腕のいい飾り職人。

おいちに想いを寄せている。

大人気作品を、この機会にに観てみよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました