『生者と死者―酩探偵ヨギガンジーの透視術 (新潮文庫)』がAmazonのミステリーで8位を獲得!(2021年10月14日16時)

2021年10月14日16時時点のAmazonのミステリーのミステリー・サスペンスの人気ランキングで、
生者と死者―酩探偵ヨギガンジーの透視術 (新潮文庫)』がランキングで8位を獲得しました!

内容紹介

「消える短編小説」入ってます!

そのまま読むと短編小説。

袋とじを開いて読むと、なんと!

〔お願い〕はじめは各頁を切り開かず、必ず袋とじのままお読み下さい。

この本は絶対に立ち読みできません。

はじめに袋とじのまま、短編小説の「消える短編小説」をお読みください。

そのあと各ページを切り開くと、驚くべきことが起こります――。

そして謎の超能力者と怪しい奇術師、次々にトリックを見破るヨギ ガンジーが入り乱れる長編ミステリー「生者と死者」が姿を現すのです。

史上初、前代未聞驚愕の仕掛け本です。

読み方にご注意してお楽しみください。

【この本の読み方】
はじめに、袋とじ製本のまま、この本をお読み下さい。

短編小説を読むことができます。

次に、各ページを切り開いて、長編ミステリーをお楽しみください。

元の短編小説は消失してしまいます。

……

泡坂妻夫(1933-2009)
東京・神田生れ。

家業の紋章上絵師の仕事をするかたわら推理小説を書き、1976年「DL2号機事件」で第一回幻影城新人賞に入賞しデビューした。

1978年『乱れからくり』で日本推理作家協会賞を、1988年『折鶴』で泉鏡花文学賞を、1990(平成2)年『蔭桔梗』で直木賞を受賞。

マジシャンとしても著名で、創作奇術で石田天海賞を受賞している。

大人気作品を、この機会にに観てみよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました