『ナッシング・バット・ザ・ブルース 』がAmazonのDVDで22位を獲得!(2022年6月25日16時)

2022年6月25日16時時点のAmazonのDVDのDVD・ブルーレイの新着売れ筋ランキングで、
ナッシング・バット・ザ・ブルース (Blu-ray) (特典なし)』がランキングで22位を獲得しました!

内容紹介

内容紹介

愛するブルース楽曲をプレイした映像作品が遂にリリース

1994年11月8・9日、サンフランシスコのフィルモアで、エリック・クラプトンがこよなく愛するブルース楽曲をプレイした映像作品が遂にリリース!

<日本盤のみ英文ライナーノーツ訳、歌詞、対訳付>『ナッシング・バット・ザ・ブルース』は、クラプトンが生涯をかけて注ぐブルースへの情熱が燃えさかるのを感じ取とれる作品だ。

待望の公式リリースを受け、1995年にアメリカのPBSで放送となり、エミー賞にノミネートされたドキュメンタリー映像が、4Kで美しく蘇った。

ドキュメンタリー映像では、スクーター・ワイントローブが脚本とプロデュース、そしてマーティン・スコセッシがエグゼクティブ・プロデュースを務めている。

スコセッシによる、クラプトンの真に迫った詳細なインタビューが収録され、クラプトンは、ブルースへの愛、そしてマディ・ウォーターズやB.B.キングなどのブルースマンたちが、彼の音楽に与えた影響の重要性を語っている。

作中では、ビンテージ・ライブ映像やインタビュー、写真などで多くのアーティスト(ロバート・ジョンソン、ハウリン・ウルフ、バディ・ガイ、T-ボーン・ ウォーカー)が登場している。

/エグゼクティブ・プロデュース:マーティン・スコセッシ。

【収録内容】
1.ブルース・オール・デイ・ロング
2.スタンディン・ラウンド・クライング
3.フォーティ・フォー
4.イット・ハーツ・ミー・トゥー
5.アーリー・イン・ザ・モーニング
6.ファイヴ・ロング・イヤーズ
7.クロスロード
8.モルテッド・ミルク・ブルース
9.マザーレス・チャイルド
10.ハウ・ロング・ブルース
11.リコンシダー・ベイビー
12.シナーズ・プレア
13.エヴリデイ・アイ・ハヴ・ザ・ブルース
14.クロスカット・ソー
15.サムデイ・アフター・ア・ホワイル
16.ハヴ・ユー・エヴァー・ラヴド・ア・ウーマン
17.アイム・トア・ダウン
18.グロー二ング・ザ・ブルース
19.テイント・ノーバディーズ・ビジネス
20.ドリフティン(ボーナス・トラック)
内容(「Oricon」データベースより)
1994年11月8日、9日にサンフランシスコのフィルモアで開催された、エリック・クラプトンがこよなく愛するブルース楽曲をプレイしたライヴを映像化。

1995年にアメリカのPBSで放送され、エミー賞にノミネートされたドキュメンタリー映像も収録。

大人気作品を、この機会にに観てみよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました