『いたずらのすきなけんちくか』がAmazonの絵本で23位を獲得!(2022年7月10日9時)

2022年7月10日9時時点のAmazonの絵本の絵本の新着人気ランキングで、
いたずらのすきなけんちくか』がランキングで23位を獲得しました!

内容紹介

世界的建築家・安藤忠雄はじめての絵本

世界的な建築家安藤忠雄原作、人気絵本作家はたこうしろうが絵を担当した、安藤氏初の絵本です。

安藤氏設計で2020年春オープン予定の『こども本の森 中之島』。

絵本の舞台はこの『本の森』です。

新しく出来たこの図書館に来た小学生の兄と妹は安藤さんによく似た謎のおじさんに館内を案内されます。

案内されるうちに、知らず知らずのうちにいろいろな疑問が湧いてきます。

なぜたてものをつくるのか、きもちのいいいえとはなにか、すみやすさはどこからくるのか、そしてけんちくかってどんなしごとなの?

おじさんは、ひとつひとつにていねいにこたえてくれました……。

1冊の絵本を通して、子供にわかりやすく建築のことを教えてくれる今までにない内容です。

安藤氏のエッセイとスケッチ、絵本に出てくる安藤建築のリストも収録。

安藤ファンはもちろん、大人の読者にも読み応えのある作品です。

帯文は、指揮者の佐渡裕氏と同館名誉館長・京都大学IPS細胞研究所所長の山中伸弥氏が寄稿されています。

安藤忠雄氏と建築がよくわかる、楽しくてためになる絵本です。

【編集担当からのおすすめ情報】
安藤忠雄設計で2020年春オープン予定の『こども本の森 中之島』との連動企画です

大人気作品を、この機会にに観てみよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました